1. >
  2. >
  3. 喫茶店の詳しい仕事内容

喫茶店の詳しい仕事内容

カフェ

接客商売が好きな人には最高の職場と言える喫茶店

喫茶店の仕事の本質は接客業にあると言えるでしょう。
もちろん、おいしいコーヒーや紅茶を提供することや、質の高い料理やスイーツを出すことも重要ですが、やはり人に接する仕事ですので、接客業が好きという人でないとなかなか務まりません。

お客さんからオーダーを取ってテーブルまで運ぶというのが、メインの仕事となりますが、それでもちょっとした対応の仕方や醸し出す雰囲気などによって、お客さんが抱く印象がだいぶ変わりますので、接客態度というのはとても大事です。
そのため、単に効率よく仕事を進めていけるということよりも、人とのコミュニケーションを上手に取れるという資質を持っていることの方がより重要なポイントとなります。
時には、お客さんからのクレームに面することもありますので、接客が好きでいろいろなトラブルがあったとしても、それを乗り超えていける姿勢を持っていることが大事です。

コーヒーを淹れたり調理したりすることも

店内での接客だけでなく、慣れてくるとカウンター内で調理やコーヒーを淹れるなどの仕事を任されることもあります。
喫茶店にとってこうした仕事は、お店のイメージを担うとても重要な仕事ですので、責任重大と言えます。
たくさん練習を積んでお店の味を出せるように努力しないと、こうした仕事を任されることはなかなかないでしょう。

他にも、お店の経理をしたり会計処理をしたりするのも毎日の業務の中に入ってきます。
大きなお店でなければそれほどの業務量とはなりませんが、ちょっとしたミスで面倒なトラブルが発生する可能性がある仕事ですので、気を抜かずに働く必要があります。
税務関連の書類を作成するなどを仕事もありますし、備品の手入れや掃除、必要な品の発注や納入など、表には見えない仕事もたくさんあります。

お店の規模によって仕事の仕方がだいぶ異なる

喫茶店と一口に言っても、マスターがほとんど一人で切り盛りしているお店もあれば、様々な地域に出店している大きなチェーン店もあります。
お店ごとにかなり仕事のやり方が異なりますので、それぞれのお店のやり方を理解して早く慣れることが大事です。
接客の仕方もスマートで少し距離を置いた方法もありますし、お客さんに近い距離で接するというところもあります。

自分の好みの方法を採っている喫茶店を探して、そこで人を募集していないかをチェックするようにしましょう。
チェーン店の場合は、他の店舗であっても一度そのグループで働いたことがあれば、マニュアルが一緒ですので、すぐに職場になじめるというメリットがあります。
また、店舗側でもやり方を知っているということで、採用する可能性が高くなります。