1. >
  2. >
  3. 子供と関わるお仕事

子供と関わるお仕事

子供に関する中で最もメジャーな保育園と幼稚園


社会形成ということを考えたとき、子供は宝物です。誰の子供でも、これから先の社会を担っていくことになるでしょう。そんな子供たちに関わる仕事は、実にたくさん存在します。

一般的に考えられるところでは、保育士があるでしょう。乳児から小学校に入るまでの子供たちが対象で、保育ということが仕事の中心となります。

ただ預かるだけではなく、生活習慣を教えたり、集団生活を学ばせたりすることが重要な目的です。非常に広範囲を受け持つこととなり、仕事で忙しい両親よりも、長い時間子供に接することも出てきます。

まだ小さな子供たちが対象となりますので、対応力が重要です。いろいろな出来事が起き、そのほとんどが想定していないような事態となりますので、瞬発力もなければいけません。保育士になるためにはさまざまなスキルが必要とされるのです。

また、保育士と比較されることがありますが、3歳から小学校に入学する子供たちを教育するのが幼稚園教諭です。

下記のサイトに違いがくわしく掲載されています。
参考:保育士試験、保育士資格なら【キャリア・ステーション保育士総合講座】

似ているようで、管轄も違いますし、資格取得までのプロセスも全く違うものです。活躍の場も違いがありますので、注意が必要でしょう。幼稚園教諭は、資格取得ではなく、免許であるという点も大きな違いです。

子供を指導する仕事

子供たちに関わる仕事としては、かなりメジャーになってきたのが学習塾でしょう。
教育熱が高まっているということもありますが、小さなうちから専門的な場所で教育を受けさせてあげることで、幅広い知識を身につけることができるようになります。かなり難しい知識も必要ですが、それ以上に伝える能力がなければいけません。

資格としては、特別必要なものはありませんが、
全国学習塾協会が定めている検定制度が下記のものです。
参考:学習塾講師検定制度【公益社団法人 全国学習塾協会】

こうした資格を取得することで、自身に箔をつけることにもなりますが、それ以上に能力の底上げにつながっていくでしょう。塾とは異なりますが、英会話スクールや絵画教室、パソコン教室も子供たちに関わる仕事といえます。低年齢化が進む中、どうやって指導していくかが問われるようになりました。

言語はまだしも、パソコンに関しては、操作の中に小さな子供たちでは理解できない言葉が出てきてしまいます。そういった機能に関しても、かみ砕き理解できるようにしていくためには、かなりの能力が必要となるでしょう。

絵画教室の場合には、自由にさせるだけではなく、理論を付け加えていってあげなければいけません。それも自然な形で身につけさせることになるため、自身の技能が高くなければ証明してあげることができないでしょう。

子供たちに関わる仕事は、ほかにもいっぱいあります。そのどれもが、大人の目線ではなく、子供の目線で考えることになる点に注意しなければいけないでしょう。